CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
夕陽の沈む海目の前の土地

西伊豆・多目的用地
平坦・両面道路
住宅にも店舗にも

西伊豆戸田

川奈港目前の一戸建
釣・海水浴・ダイビング! 海まで徒歩5分! 川奈港を見下ろす住宅♪ 伊東市川奈
伊豆の賃貸情報

伊東市内のアパート・一戸建
単身用のワンルームからファミリー向の物件まで

お気軽にお問い合わせください!

伊豆の賃貸情報

不動産ご所有のオーナー様
売りたい。貸したい。どのようなことでもお気軽にご相談ください。
MOBILE
qrcode
<< 【伊豆の田舎暮らし】焼津みなとマラソン | main | 【伊豆の田舎暮らし】朝露 >>
【伊豆の田舎暮らし】25thチャレンジ富士五湖
初ウルトラ無事にゴールできました。
それもレースで初めてのニコニコ笑顔のゴール♪
歩かず完走の目標も達成できました。

1.jpg
ウルトラというのはフルマラソンよりも長い距離のレースです。
71kmの部門もあるのですが、どうせなら切りよく100kmでしょうと距離も時間も不安いっぱいでしたが100kmにエントリー。
スタートは4:30なので、伊東を24時集合で一緒に走る仲間と車で山梨の北麓公園保目指す!

3.jpg
初めてのウルトラは何もわからないから目標は歩かない。
これだけ^ ^


コース変更で一緒にコース上に仲間がいてもタイミングが悪いと会えないかもと聞いたので赤いリボン付けてみんなで完走目指そうと言うグループに入れてもらいました(^_^)v
5.jpg
ゼッケンと手首に赤いリボンをつければ「富士完メンバー」です。これで心細くなった時に元気もらえる!
独りじゃないと思える!心の弱い私のお守りです^^


2.jpg
4.jpg
ウルトラってゆっくり走るから普通におしゃべりラン出来る!
赤いリボンをつけているので声をかけてもらったり、動画撮ったりと楽しいです。

6.jpg
7.jpg
ただ、私の足はフルまでしか対応できないようで50祖兇┐燭蘢砲気波のように押し寄せ我慢して走るも75舛蚤は売り切れました。
ペースは徐々に落ち。

8.jpg
下りだけでなく河口湖辺りではフラットでも痛くてヒョコヒョコ走り…
歩かないでゴールしないとならないからその先の上り坂でもヒョコヒョコ走るけど、アキレス腱が切れてしまうんじゃないかとサングラスの奥は涙ポロポロ。
ずっと前後して走ってた人が西伊豆の人で(Tシャツ書いてあったので思い込んでただけでした:汗)にわたしは伊東です!から話がはずみ、最後はみんなで頑張ろうと^ ^

涙目で進んでいると95km地点の最後の長い上り坂になんと静岡のラン仲間が!
嬉しくて凄く励まされました♪
西伊豆さんは私よりも元気だったので少し先にいましたが、私は下りも走る形は崩さないけど、明らかに遅い´д` ;
何度も振り返ってくれるので…頑張ろう!
ゴールまでには西伊豆さんに追いつこうと…並んで会場に入ったら山梨のラン仲間から「みいちゃん〜おかえり♪」って声援^ ^
「ゴールしてくるね♪」って元気良く通過。

最後は西伊豆さんと笑顔で手を繋いでゴール(^_^)v
自分のために用意してくれている真っ赤なゴールテープ!感激です。
念願だった満面の笑顔でのゴールをここで果たせました。
ゴールに連れてきてくれた西伊豆さんとまた何処かのレースで会ったらよろしくと握手してわかれました。

その後は帰ってくるランナーさんたちを「おかえりなさ〜い」と迎えているとその姿に感動して涙。涙・・・
その後、
会場から駐車場へ向うも前に進もうとすると後ろへ…一歩一歩が激痛(涙)
14.jpg
お帰りなさいとタオルとかけてくれて、完走のメダルも首に・・・フルの参加賞のメダルの数倍重いです。
15.jpg
25回記念大会なのでプレミアムメダルなのです。
16.jpg
10.jpg


12.jpg
赤は参加賞のTシャツ。黒はオフィシャルグッズのTシャツ2500円也。
11.jpg
走ってる間、何故か山頭火や中原中也が思い浮かび…細切れのフレーズがぐるぐるしたり。
それ以外は、おかしな人ですが、自然に歌が口から…気分が良かったんだろうな〜それだから歩こうとは思わなかったかもしれません。

100kmのゴールは感動して涙が出ると信じて疑いませんでした。
ゴールしたら「もう走らなくていいんだ」とホッとすると信じてました。
実際は終わってしまうのがもったいない、まだまだ終わりたくないって・・・一緒にゴール目指した仲間、それまで全く知らなかったランナーさんたちとの間に生まれた連帯感。
そんな多幸感に包まれ100km走った後の感想は『人間ってみんなに支えられて生きてる。一人では弱くてもたくさんの人に支えられて毎日を過ごしているんだ』
なんか、今更ながらで恥ずかしいのですが”感謝”この思いが100kmの贈り物でした。

13.jpg
このTシャツはウルトラに誘ってくれた仲間がくれたのです。
この言葉を見てかっこいいな〜って軽い気持ちでエントリーしたのです。
フルマラソンを走ってる私でも100km走るなんて意味不明と思っていましたから普通の走っていない人にはますます意味が分からない世界だと思うのです(汗)
ウルトラマラソンにはフルやハーフとは全く違う魅力がありました。
また来年も走ります♪



伊豆の不動産情報


物件探しはタイミング
伊豆の不動産は対応の早い当社へ


協有住宅のサイト 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ 
様々なライフスタイルを実践されてる方のブログも参考になりますよ



 
| ランニング | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyoyu-j.jugem.jp/trackback/672
トラックバック