CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
夕陽の沈む海目の前の土地

西伊豆・多目的用地
平坦・両面道路
住宅にも店舗にも

西伊豆戸田

川奈港目前の一戸建
釣・海水浴・ダイビング! 海まで徒歩5分! 川奈港を見下ろす住宅♪ 伊東市川奈
伊豆の賃貸情報

伊東市内のアパート・一戸建
単身用のワンルームからファミリー向の物件まで

お気軽にお問い合わせください!

伊豆の賃貸情報

不動産ご所有のオーナー様
売りたい。貸したい。どのようなことでもお気軽にご相談ください。
MOBILE
qrcode
<< 伊豆ではイルカも食材 | main | 一足早い春の訪れ >>
秋の海で
夏も終わり伊豆の海にも普段の静けさが戻ってきました。
明るく、賑やかな海岸も楽しいですが、人のいなくなった秋からの海にも楽しみはたくさんあります。
マリンスポーツや釣りのように色々な準備をして遊ぶのも楽しいですが、ただ海に行くだけでも海岸にはたくさんの楽しみがあります。

その中の一つに「ビーチコーミング(Beachcombing)」があります。
簡単に言ってしまうと海岸を散歩しながら漂流物を拾うというただそれだけなのですが、貝殻だけでなく流木・骨・ビーチグラス(ガラスの破片が漂流中に角がとれ、ドロップのようになったもの)などさまざまなものが漂着しています。
中には外国から流れ着いたものを見つけることも・・・

私はこれといった趣味はないのですが、このビーチコーミングは誰でも気軽にできるという事でとても気に入っています。


きっかけは貝殻拾いからだったのですが、そのうちに集めるものを決めて拾ってくるようになりました。
「流木の日」「ビーチグラスの日」というように決めて探した方が見つけ易いような気がします。

ただ拾うだけではつまらないし、家族にも「また拾ってきた〜」と不評のために、集めたものを利用して簡単なものを作ることを決意。
ビーチコーミング2


流木はそのまま大きな貝殻と組み合わせて飾るだけでもそこが海の雰囲気になりますし、ちょっと手を加えるだけでそこまで大げさではないですが「海のオブジェ」も作れます。

私は尖ったガラスのかけらが何度も波に洗われて丸くなっ
たビーチグラスが一番気に入っていたので、キャンドルと組み合わせることにしました。
ビーチコーミング1
作り方は
1.ビーチグラスを漂白剤につけて汚れを完全に落します。  洗剤で洗うだけよりも漂白剤につけた方が綺麗になります
水洗いをして完全に乾かします
2.土台の部分を作り形を決めて接着剤で固定しながら積  んでいきます

写真ですとわかりにくいのですが円筒形に積んでいるので上の部分からキャンドルを入れることができます。
キャンドルではなく電球を入れたモノも作ったのですが、キャンドルの方が時間とともに照らされる場所が変わってきますからビーチグラスの青や緑が違う角度から照らされるのを楽しむことができました。



このビーチコーミングは年間を通して楽しめますが、やはり真夏の太陽に下よりもこれからの時期の方が楽しめると思います。
台風などで海が荒れた後は流木などの大物が漂着しやすいです。

それでも綺麗なものばかりが漂着しているのではなく海岸には「ゴミ」もたくさん落ちています。
綺麗なビーチグラスも何年か前に海岸で割られたビンのかけらだと思うと少し悲しい気持ちになります。
いつまでも気持ちよく遊べるためには・・・やはり自分の出したゴミは持ち帰りましょう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
| 伊豆の遊び | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kyoyu-j.jugem.jp/trackback/8
トラックバック